こちらはPeerCast発の模型イベントディーラー「7144(ナナイチヨンヨン)」のウェブサイトです。

【ご案内】

トレフェスin有明15にて販売したしました「すたちゅー NO MUSIC 割りとLIVE ver. 組み立てキット」に関するご注意点。


更新日 2016年5月15日(日曜日)

トレフェスに参加してきました

5月5日のトレジャーフェスタ in 有明15へ、「ただの趣味人いえなが」さんと合同卓にて参加してまいりました。

自宅にて設営の準備を行っておりましたところ、直前で機材トラブルが発生したため、搬入が大幅に遅れてしまい、会場でお待ちいただいていらっしゃった方、またお時間のご都合で設営完了以前にお帰りになられた方には大変申し訳なく反省をしております。

今回は前回ワンフェス冬ではできなかった組み立てキット、缶バッチといった「すたちゅーグッズ」の販売に加えて、前回同様にZortraxM200による3Dプリンタの出力品を自由におさわりできるコーナーも引き続き行わせていただきました。

組み立てキットはZortrax M200からの出しっぱなし(ラフト、サポート付き)をフィラメントの色で分けただけのものですが、ワンフェス2016冬の7144卓のすたちゅーおさわりコーナーでお客さんに「この状態でも買いますか?」と投げかけたところ「買う」というお返事をいただいたので、7144初の試みとして3Dプリンタ出しっぱなしの組み立てキット販売を行ってみました。数は少なかった(10セット)のですが、おかげさまで完売することができました。

先日買ってくださった方が何年ぶりかにプラモデルのような感じで組み立てていらっしゃるのをツイッターで拝見してとても嬉しく思った反面、接着に木工用ボンドはどうなのかなとハラハラしておりました。

またM200自体が気になるのか、すたちゅーではなくM200の出力品を実際手にとって見るというのが目的で来られた方もいらっしゃったのがとても印象的でした。

イベントではたまたま上京されていらっしゃったすたちゅーの生みの親であるだんごさんも会場へ来られて、今回用意した大判ポスターに直筆ですたちゅーを描いてくださりました。缶バッチの描き下ろしイラストをご提供いただいた上に、生ですたちゅーを描いていただき、嬉しくもあり、また頭が下がる思いでいっぱいです。

また、すたちゅーだけではなく、次回のワンフェス夏にて販売予定の「ポプテピピック」関連のアイテムも展示させていただきました!

次回の7144にて正式にメンバーとして参加することになったクールなびじゅつかん館長の「ポプ子&ピピ美 セット」、kuniの「お布団ポプ子」の原型をお披露目させていただきました。夏のワンフェスのアイテムの詳細につきましては次回更新時お知らせできればと思います。

ディーラー卓へお立ち寄り下さった方々、差し入れを持って来てくださった方々、また作品を写真に撮ってブログやSNSなどに掲載、投稿して紹介してくださった方々、誠にありがとうございました。

<謝辞>
すたちゅーすたンプ缶バッチの製作におきまして、あほげさんに多大なご協力をいただきました。

作品の写真の一部をJun040.com様のレポートから使用させていただきました。

ここに感謝の意を表します。

しげる


次回参加予定イベント